「ワークマン オンラインストア」のスタッフが耳寄りな情報をお届けします

menu

ワークマン オンラインストア オフィシャルブログ

 

ワークマンでお手軽アウトドア ~2017サマー編~『全身ワークマンでハイキングに行ってみた!』

みなさんこんにちは、ワークマンオンラインストアのサスです。
2017年の8月は毎日雨が降っているみたいですね。夏の日差しはどこへ行ってしまったのでしょう…そんな思いで空を見上げながらも今回は全身ワークマンのアウトドアにおすすめしたいウェアに身を包んで、ハイキングに行ってみました。
(記事の内容、商品等は2017年8月現在のものです)

さっそく夏の山へ!!と意気込んだのはいいのですが、あいにくの雨模様…でも天気予報によると雨は止むようです。今日を逃すとなかなか行けないし、そもそも一度延期しているので強行です!雨が降っても新商品のアウトドアウェア、撥水シェルジャケットを試すいい機会でもあるし~レインウェアではないんですが~

本日の装備

トップス Find-Out 1125 衿が決まるクールマックス半袖ハーフジップ(店頭在庫限り)

しっかり襟が決まるハーフジップタイプのトップス。
胸ポケットと袖のペン刺しは実用的でお仕事にもおすすめ。
袖を折り返せば、襟の内側、裾のサイドと同じトリコロールカラーを配置

 

パンツ WM3106 ピケストレッチカーゴパンツ

スラックスタイプもありますが、今回はカーゴタイプを選択。
カメラをサイドポケットに入れておくと、すぐに取り出せて便利でした。
スリムなデザインなのに余裕のある履き心地で、楽に歩けました。

ソックス WORK ASSISTマイクロパイルミドルソックス(5本指)


踏ん張りの利く五本指靴下は、坂道にも便利かと思って履いてみました。

シューズ Find-Out SG230 アスレシューズライト

新発売のアスレシューズライトをお試しで履いてみました。
片方約150g(26.0cm)でとても軽い!
コスパ最高の一品。次の休みも履いて出かけようと決めました。

インナー Find-Out 11193 dri-comfort丸首半袖シャツ

見えていませんが、肌着にはドラインコンフォートシャツをチョイス。
高機能吸汗速乾素材「ドライリリース™」使用。
しなやかで快適な着心地。着用感を感じさせない高機能インナー。
汗もすぐに乾かしてくれる感じがしました。

着用しているのは上の製品ですが、これらにプラスして用意していったのは、
ちょっとした雨よけ、肌寒いときの為に FieldCore S-002 ストレッチソフトシェルジャケット

スーパーストレッチの生地を使っているのでのびのびらくらく。撥水、高い通気性で様々なシーンで活躍できます。アウトドアスタイルのデザインですが、タウン着として大活躍するカジュアルジャケットです。スーパーストレッチ性の生地なので、スポーツ用としても活躍するオールマイティーなウェア。今回は残念ながら出番がありませんでした。

日射しが出たときに  アームカバー竹糸(たけし)くん ロングタイプ

実は日焼けに弱い私。UV対策でアームカバーを装備。はやりのコンプレッションタイプよりも緩くて、生地も厚め。着けていると暑いかと思いきや、竹糸由来のレーヨン糸を使用したヒンヤリ感+程よい生地厚を通して風が肌に届き、雨が止んで蒸し暑い中歩いても腕は心地よかったです。オススメノ1品!(ショートタイプ20cmもあります

これで全身ワークマン装着完了!早速出発しましょう!

!!!本日の挑むのは碓氷峠『アプトの道』!!!
心配した天気は雨は止んでいるようですが空は厚い雲に覆われています。期待した夏空は拝めませんでした。残念!でも雨はやみましたしスタートです。

横川駅から有名な釜飯弁当屋さんに寄りたい気持ちをおさえつつ案内に沿って進むと、“アプトの道”の入口に到着しました。

案内が沢山あるので安心して進めます。ゴールの旧熊ノ平駅までは115分と書いてありますね。いざ出発です。

アプトの道は旧信越本線 横川~軽井沢間の廃線になった区間のうち、新線に切り替わる前の“ラックレール(アプト式)”で急勾配を上っていた線路の後を、遊歩道として整備したコースです。

歩きはじめるとすぐに“碓氷峠鉄道文化むら”が見えてきます。旧型の車両がたくさん展示してあって見たい!衝動にかられましたがそれを抑えつつ先に進みます。

まーっすぐな坂道がずーっと続いています。よく見ると歩道部分に線路がそのまま残っていますね、以前はここを列車が走っていたと思うと感動です。

北陸(長野)新幹線が開通するまではここをたくさんの電車、列車が通過していたと思うと考え深いです。私も以前長野へスキーへ行くときに乗ったなぁなんて思いながら歩いていると前からEF63が!!!真横から見ると斜めになった正面ガラスが特徴的ですねEF63!ここには峠のシェルパを体験運転できる施設があるんですね。

本物の電気機関車が運転できるなんてなかなかないですよね、魅力的な施設です。

EF63を見送り、歩を進めます。今日履いてきたFind-Out SG230 アスレシューズライトは、“ライト”という名の通りとっても軽くて歩きやすいです。難を言えば、ちょっと靴底が滑る感じがしましたが、この日は雨で道が濡れていましたから晴れた日に改めて試したいです。
  

上信越道の碓氷橋をアンダーパスしてしばらく進むと、右手に旧丸山変電所が見えてきます。横川~軽井沢間が幹線鉄道として日本で初めて電化されたことに伴って明治45年に建設されたレンガ造り重工な建物です。ちゃんと残っているのがスゴイですね。国の重要文化財に指定されているそうです。

それにしても廃線とはいえ今にも列車が来そうな線路だなぁと思って歩いていると、あ!列車が!観光用のトロッコ列車が運行されているんですね、のんびり山の中を進んできます。

道はさらに続き、温泉施設峠の湯を過ぎた先にから山が行く手を阻んできます。トンネルが見えてきました!あの中を進んでいくんですね。

トンネルの先には、いやトンネルの中にはどんな景色が待っているのでしょう!!と期待しつつ次回へ続きます。

商品のお取り扱い、カラー・サイズ・価格等は予告なしに変更することがございます)
ワークマンオフィシャルサイト お近くのお店も検索できます!
※お取り扱い商品は店舗によって異なります。

ワークマンオンラインストア
ワークマン楽天市場店

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
押していただくとスタッフの元気が出ます
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 アウトドアブログへ

関連記事

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone